pagetop

自動車整備士の仕事についてAbout Job Description

HOME  自動車整備士の仕事について

自動車整備士とは自動車のメンテナンス(診断・点検・分解・組立・修理・調整等)をしますが、日本では自動車整備士国家試験に合格した人で、技能検定の学科試験に合格した人、さらに技能検定の実技試験に合格しなければなりません。
なかなか合格の難しい自動車整備士の試験ですが、資格取得後はさまざまな場所で活躍が期待できます。
代表的な職場として自動車ディーラー(販売店)や整備工場、カーショップなどがあります。
またディーラーはあるメーカーの自動車のみ扱うのに対し、整備工場やカーショップの場合にはさまざまなメーカーの自動車を扱うため、広い知識が必要となります。
自動車整備士の仕事で転職を成功させるためには、特に重要視する条件を明確にして転職活動をするようにしてください。

自動車整備士が転職に臨むことは珍しいことではありません。ただ転職に関する知識不足のため失敗することもあるので、転職活動をサポートする業者を有効利用することも考えてください。

自動車整備士の仕事の内容は多岐にわたるのですが、しっかりと点検や整備をして街行く自動車の安全性を保つことです。事故につながりかねない仕事なので注意深さも必要でしょう。

自動車整備士資格の登竜門的存在の3級は多くの自動車関連の仕事に就く人や学校で自動車整備を学んだ人が受験します。学科試験と実技試験があり両方に合格すると自動車整備士となります。

自動車整備士は絶対に必要な仕事ですし全国各地で必要とされています。給与面や人間関係に不満を持って転職しようとしている人もいますが、ベストなタイミングは人それぞれです。 
 

自動車整備士として働く場所と言えば、自動車メーカーのディーラーや業者(整備工場やガソリンスタンドなど)です。それぞれにメリットはありますので、自分に合ったところを選びましょう。

国家資格である自動車整備士には様々な種類があります。資格によって働ける場所や担当できる業務、扱える車の種類も異なります。受験するための資格や取得方法などご紹介します。

自動車社会が来ることを予想し、高度成長期からしばらくの間は自動車整備士を目指す人が多かったのですが、現在は需要があるにも関わらず不足しています。その原因についてご紹介します。

2級自動車整備士の資格があれば就職には困らないのですが、1級自動車整備士の資格を取得していると高い技術と知識が身についているため、今後特殊な車が開発された時に有利です。

自動車整備士の仕事のやりがいについてです。車を修理して当たり前の整備士ですが、昨今の車は修理が以前より難解ということもあり、無事修理できた時の充実感はひとしおです。 
 

自動車整備士の給料は平均的に見てもあまり恵まれてはいません。しかし、福利厚生や特別な手当てもあり、何よりも「自動車が好きだからこその仕事」だというやりがいを得られることが喜びです。

自動車が目覚ましい進化を遂げている現在ですが、自動車は機械であり、故障、修理、点検・整備とは切っても切れない関係です。このサイクルの中心にいるのが自動車整備士です。

スキルを身につけて手に職をつけるのが自動車整備士の仕事です。毎日が同じような作業の繰り返しになることもありますが、正確かつスピーディーにこなしていけるようになりましょう。

仕事をするうえで近年その重要性が叫ばれているのがワークライフバランスです。自動車整備士の資格を持っている場合もワークライフバランスをよく考えた上で勤務先を選択しましょう。

自動車整備士の方で、年収に不満を持っている方は多いかもしれません。昇給のために転職を考えているなら、ポイントを抑えて動きましょう。資格や運営について注目すべきポイントを紹介します。

自動車整備士の業務は、車が趣味の方には堪らない職場です。またもちろん、有資格者として安定した収入を得る仕事としても魅力的です。代表的なメリットについて、ご紹介します。

自動車整備士の世界は、汚れやすく力も必要なため、男性向きと思われがちです。しかし、近年は女性の活躍も大いに期待され、雇用が増えています。その理由について、詳しくご紹介しています。

自動車整備士の試験は、エンジンなどの違いによって一級・二級・三級・特種の4つに分かれます。整備士資格を取得し働いていくうえで重要な知識なのでしっかり把握しておきましょう。

自動車整備士の中でも特殊整備士と呼ばれる資格があります。特殊整備士は資格試験をクリアすることによって取得でき、転職や就職の際にも高度な知識と技術を有していることを証明できます。

自動車整備士は国家資格の一つで、自動車の整備や点検、修理などの仕事内容がメインです。この仕事に向いているのは探求心があり地味な作業を黙々とこなすことができる人です。

自動車整備士資格を取得するには試験に合格する必要があります。勉強方法としては市販の参考書を使うなど、過去問題をできるだけたくさん解くことで傾向と対策が理解できます。

インターネットによる自動車整備士の採用担当者は職務経歴書に記載されたキーワードを検索して人材を探しています。採用されやすくするには検索されやすいキーワードを記載することが大切です。

自動車整備士を目指すには、面接で「車が好き」などのとおり一辺倒な文句の受け答えをしていてはダメです。自動車整備の仕事を通した将来のビジョンを明確化すると印象がよいでしょう。

キャリアパスとはその仕事におけるキャリアアップの道筋の総称です。自動車整備士のキャリアパスとは、上位の自動車整備士資格の取得やフロント業務へのステップアップを指します。

自動車整備士の養成施設は高校や専門学校などの一種養成施設と、既に実務経験がある人が対象の全国53か所にある各都道府県の自動車整備振興会の技術講習所の二種養成施設があります。

自動車整備士として働くには工業高校自動車科や専門学校を卒業するのが近道ですが、全くの未経験でも1年以上の実務経験を積めば3級自動車整備士の受験資格を得ることができます。

二級自動車整備士として将来仕事をしていきたいのであれば、持っておくべき免許証があります。整備士のための試験を受けて合格をして、国会資格を取得する必要があります。

二輪自動車整備士の資格は国が定めた技術力や高い知識を有していることが認められ、試験に合格することが出来れば取得することが出来ます。整備士の仕事をするうえで必要不可欠です。

自動車整備士として資格を持ちながら今の勤務先に不満があるなら転職を考えましょう。人気は同業種の他社です。またプラスアルファの技術力を身につければプラスに働きます。

自動車整備士として仕事をしている人が転職をする場合、技術アジャスターは整備士の技術や資格が生かせます。保険会社も接客もできる整備士であれば雇いたいと考えています。

自動車整備士は長袖のつなぎを着用します。身体を守るために長袖のつなぎが欠かせません。また、ファスナーなど金属部分が隠れるように作られているため、車を傷つけてしまう心配もありません。