pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士の苦労を知っておく

コラム

自動車整備士の苦労を知っておく

2018/4/6
自動車整備士は3Kと言われており、苦労するかもしれません。大変な仕事ですが、お客様に安全に車を利用してもらうために、自動車整備士はに欠かせない重要な存在です。労働環境の厳しさよりも大きなやりがいを感じることができるでしょう。

自動車整備士の労働環境

どの仕事や職場にも、苦労はつきものです。
自動車整備士に転職を考えている人の中には、自動車整備士にどのような苦労があるのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。
自動車整備士の苦労の1つは、労働環境です。
自動車整備士の労働環境は、「3K」と言われることがあります。
聞いたことがある人もいるでしょう。
「3K」とは「きつい」、「汚い」、「危険」な労働の頭文字をとったものです。
重たい部品やパーツを運んだり力を使ったりする作業が多いことから、体力をかなり消耗します。
また、油などで汚れることも避けられません。
自動車整備士の仕事は決して甘くはないということを知っておきましょう。
苦労する大変な仕事ではありますが、お客様に安全に車を利用してもらうために、自動車整備士は欠かせない重要な存在です。
車が好きな人や、人の助けになりたいという気持ちがあれば、苦労や労働環境の厳しさよりもやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

 

労働環境以外の苦労

労働環境以外の苦労

労働環境だけではなく、お金の面でも苦労する人は少なくありません。
車に情熱がある人は、やりがいを持って仕事をすることができますが、厳しさや大変さと給料が見合っていないと感じる恐れがあるでしょう。
職場によって給料は異なるため、転職する際は給料を確認してください。
また、経験を積んでスキルアップをすると昇級も望めます。
自動車整備士は車を修理する仕事ですが、黙々と車を修理するだけではなりません。
お客様とのコミュニケーション能力も必要です。
不具合箇所や修理内容をお客様にしっかり説明しなければならないため、コミュニケーション能力、サービス精神、接客力が必要ですが、対人能力に不安がある人は苦労するかもしれません。
各社の競争が激化している現代では、お客様に心地よくサービスを利用してもらうことが重要です。
車を直す技術だけ優れていれば良いという考えは、通用しなくなってきていることを知っておきましょう。
時代の変化とともに自動車整備士に求められる知識、技術、能力も変化しています。
苦労に負けず、やりがいを持って自動車整備士の仕事をしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事を共有する

Pocket