pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士における年齢制限とは

コラム

自動車整備士における年齢制限とは

2018/5/30
自動車整備士に転職を検討している人もいるのではないでしょうか。年齢制限はありませんが、できるだけ若いうちに挑戦する方が有利になることもあるため、早めに行動することをおすすめします。

何歳でも自動車整備士になることができる

自動車に興味があるという人は少なくありません。
中には、自動車整備士の仕事に転職しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
自動車整備士を目指すにあたって、年齢制限について知っておく必要があります。
自動車整備士になるためには、自動車整備士の資格を取得しなければなりません。
その資格には年齢制限がないため、誰でも資格を取得することができます。
また、未経験者であれば、自動車整備士の資格を取得するために専門学校に通うことが一般的です。
この専門学校に入学する際も、年齢制限がない場合が多いです。
中には年齢制限を設けている専門学校もあるため、確認してください。
すでに社会人として働いており、自動車整備士は未経験だという人でも専門学校に通うことで資格を取得し、整備工場などで働くことが可能です。
しかし、できるだけ若いうちに挑戦する方が有利になることもあるため、自動車整備士に転職を考えている人は早めに行動することをおすすめします。
それは、就職時に年齢の高さがネックになる恐れがあるからです。
自動車整備士の資格を年齢が若いときに取得していても、未経験の場合は30歳を超えていると難色を示されるかもしれません。
転職前に営業の仕事をしていると、その経歴がプラス評価になることがありますが、人それぞれ条件が異なります。

 

できるだけ早く行動しよう

できるだけ早く行動しよう

原則的には、自動車整備士は何歳でもなることができます。
自動車整備士として働いている人の平均年齢は44.3歳ですが、若い自動車整備士も多く活躍しているのです。
就職に関しては、メーカー系への就職には年齢制限がある販売会社や、年齢制限等はなく、人物重視の就職試験で採用する会社もあります。
自動車整備士としてどこで働きたいのか、どのように働きたいのかを決めておくと、転職活動もしやすいでしょう。
見習いとして整備工場に就職するという手段もあります。
自動車整備士に転職を検討している人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を共有する

Pocket