pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士とフォークリフトの関係とは

コラム

自動車整備士とフォークリフトの関係とは

2018/4/6
自動車整備士に転職を検討している人は、整備士の資格だけではなく、フォークリフトの資格も取得しておきましょう。2つ取得すると技術や知識が向上します。また、フォークリフトの資格を必須にしている職場もあるため、勤務先の幅が広がります。

自動車整備士とフォークリフトの資格

これから自動車整備士に転職を検討している人は、自動車整備士とフォークリフトの関係について知っておきましょう。
フォークリフトとは、自動車や電気、油圧制御などの知識や技術を必要とする機械です。
整備士と聞くと、自動車整備士をイメージする人が多いですが、フォークリフトの整備士にも自動車整備士が関係してきます。
自動車整備士には様々な種類の資格があり、大きく分けると4種類あります。
それは、一級自動車整備士、二級自動車整備士、三級自動車整備士、特殊整備士の4つです。
これらの種類の中にも、大型、小型、二輪、ガソリン、ジーゼル、タイヤ、電気、車体など様々な種類の資格があります。
資格を取得するためには、一定の受験資格を満たした上で、国土交通省の行う自動車整備士技能検定を受けて合格しなければなりません。
フォークリフトの整備士にも資格があります。
産業車両整備士技能という資格で、自動車整備士の資格と同様に国家資格ですが、厚生労働省所管の資格です。
自動車整備士は一級から三級あり、産業車両整備技能士の資格の種類は一級と二級があります。
産業車両整備技能士は各都道府県の職業能力開発協会での技能検定試験を受験して合格しなければなりません。
より実戦的な技術、経験が求められます。

 

どちらも取得しておこう

どちらも取得しておこう

自動車整備士の資格とフォークリフトの資格を2つ取得しておくことで、技術や知識が向上します。
お客様からの信頼も向上するでしょう。
また、フォークリフトを使用する上で必要な特定自主検査という車検のようなものを行うために必要な特定自主検査者資格の試験が免除されます。
特定自主検査を行わずにフォークリフトを使用すると、50万円以下の罰金に処せられるため注意してください。
自動車整備士に転職を検討している人は、自動車整備士の資格だけではなくフォークリフトの資格も取得してみてはいかがでしょうか。
一級、二級整備士の資格を取得していると、問題なく仕事ができますが、フォークリフトの整備をするのであれば、資格は必要です。
どちらも取得しておくと、転職の際に勤務先の幅も広がるため、取得しておくことをおすすめします。

 

この記事を共有する

Pocket