pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  自動車整備士で成長を感じる場面

コラム

自動車整備士で成長を感じる場面

2018/5/30
自動車整備士として働きたい人の中には、成長を感じるところはどこなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。業務をこなしていくと知識や技術の成長を感じることができます。

知識や技術の成長

自動車整備士として働きたい人の中には、成長を感じるところはどこなのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
自動車整備士に転職したあとに、想像していたものと違ったなどと後悔したくないものです。
自動車整備士の資格を取得していると、自動車の知識は身についています。
同期には負けないだろうと考えている人もいるでしょう。
しかし、資格を持っていても学校で勉強することと、現場での仕事はまったく違います。
そのため、転職後にギャップを感じる人が少なくありません。
仕事を続けていくうちに知識や技術が身につき、わからないことは先輩が教えてくれるため、心配する必要はないでしょう。
自動車整備士で成長を感じるところは人それぞれ異なりますが、新技術が導入された自動車を扱うことで、自然と自分の技術や知識が向上することが挙げられます。
乗用車の知識をベースにトラックなどの知識が積み重なり、新しい工具の使い方も覚えるなど、成長を感じられるポイントがたくさんあるはずです。

 

部下や後輩を持つことは自分の成長に繋がる

部下や後輩を持つことは自分の成長に繋がる

部下を持つことも自分に対する成長を感じられるところでしょう。
現場経験を積むと、部下や後輩の面倒をみることになります。
部下や後輩に指示ができるようになるためには、自分の知識や技術が相手よりも優れていなければなりません。
わからないことがあればしっかりと教えてあげられるように勉強をして、部下ができないことは対応をする必要があります。
転職したばかり頃に教えてもらったこと、わからなかったことを自分が部下や後輩に教えることができると、成長を感じられるでしょう。
また、教えるということも自分の成長に繋がります。
その理由は、教えた分、新しい知識や技術を受け入れる余裕ができるからです。
さらに、部下や後輩が成長すると自分の業務が楽になります。
そして、その分、これまでできなかったことにチャレンジできる時間と、精神的な余裕がでてくるのです。
部下や後輩を持ちたくないという人も中にはいますが、相手を育てることは自分自信の成長に繋がるということを忘れてはなりません。
転職当初はギャップを感じ、苦しい時期もありますが、周りの人に支えてもらいながら、成長を実感していきましょう。

 

この記事を共有する

Pocket