pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  二級ガソリン自動車整備士とは

コラム

二級ガソリン自動車整備士とは

2018/5/30
自動車整備士は様々な資格がありますが、二級以上の資格を持っている方が現場で活躍できます。二級の資格の中でもガソリン自動車整備士はガソリン燃料で動く自動車を整備する専門技術者です。

二級の資格を取得しよう

一般的に自動車整備士は一括りで言われることが多いですが、自動車整備士に関わる資格は様々な種類があります。
自動車整備士の資格は一級、二級、三級とわかれており、二級の自動車整備士資格の中でも二級シャシ、二級ガソリン自動車、二級ジーゼル自動車などいくつかの種類があるのです。
自動車整備士に転職を考えている人は、資格についてしっかりと知っておきましょう。
特に、取得しておきたい資格は二級です。
三級の資格を持っているだけではできない業務が多いため、自動車整備士として仕事をしていくには三級よりも二級の資格を持っている方が現場で活躍できます。
二級の資格の中にも、取得する資格によって行える業務内容が違います。
また、資格を取得するための必要な条件も異なるため、どのような仕事をしていくのかによって、適切な資格を取得することが大切です。

 

ガソリン自動車整備士の資格

ガソリン自動車整備士の資格

二級の資格の中でもガソリン自動車整備士は、ガソリン燃料で動く自動車を整備する専門技術者です。
ガソリン自動車とは、ガソリン、エンジンを搭載した普通自動車、四輪、三輪の小型自動車、軽自動車を指します。
日本で最も多い乗用車の整備ができる資格であるため、取得おくと良いでしょう。
三級ガソリン自動車整備士は、足回りやエンジンの分解整備はできません。
二級を取得していると、非常に高度な整備以外のほとんどは対応することができます。
他には、シャシ整備士の資格、ジーゼル自動車整備士の資格、二輪自動車整備士の資格など種類がありますが、すべてを取得しなければならないというわけではありません。
二種類取得しておくと、自動車整備士として業務をこなしていくことができます。
二級ガソリン自動車整備士ができない業務は、自動車検査員としての業務や高い技術が必要な分解整備です。
自動車整備士に転職を考えている人は、二級の資格を取得することから始めてみてはいかがでしょうか。
二級の資格を持っているだけで、点検整備やほとんどの分解整備を行うことができます。
業務をこなしながら勉強し、経験を積んで一級の資格を目指してみるのも一つの手段です。

 

この記事を共有する

Pocket