pagetop

ダイバージェンスについてabout us

HOME  コラム一覧  プライドを持って自動車整備士の仕事を

コラム

プライドを持って自動車整備士の仕事を

2018/4/6
どのような仕事にもプライドを持つことが大切です。自動車整備士の仕事はお客様の安心、安全のために車を直します。一人一人、仕事に対するプライドは異なりますがお客様の安心、安全を守ることを忘れてはなりません。

仕事にプライドを持とう

プライドを持って仕事をしている人も多いのではないでしょうか。
自動車整備士は、プライドを持てる仕事です。
また、プライドを持ってしなければならない仕事でもあります。
自分が担当したお客様に安全に車を運転してもらうためには、自動車整備士はプライドを持って仕事をすることが大切です。
タイヤの減りが進んでいる車は、雨が降るとスリップしやすく、事故につながる危険性があります。
車の状態を確認し、事故が発生する前に適切な対応をしましょう。
車に詳しいお客様もいますが、自動車整備士は車の異常を見つけ、お客様に提案しなければなりません。
オイル交換のついでに簡易点検をすることがあります。
その際に、バッテリー、ワイパー、タイヤなどを点検しますが、少しでもトラブルが発生しそうな箇所がある場合は、お客様に提案をしてみてください。
タイヤの減りを確認しながら、次の点検のときに交換しようと考えると、点検までに事故を起こしてしまう人も多いです。
事故を未然に防ぐためにも、自動車整備士がしっかりと提案しましょう。

 

お客様の安心、安全のために

お客様の安心、安全のために

車を直すことは自動車整備士の仕事ですが、お客様に対して提案をしたり、入庫の呼び込みをしたりなどは自動車整備士の仕事ではなく、営業の仕事だと思っている人もいるのではないでしょうか。
会社の中でも役割分担はあります。
しかし、そのようなことはお客様には何も関係ありません。
車を直す理由は、お客様の安心と安全のためです。
営業担当が提案を伝えている、提案しても断られるかもしれないと思わずに、お客様のためにしっかりと提案することが大切なことです。
自動車整備士としてのプライドを持って、お客様に提案をしてみてください。
自分の役割だけではなく、お客様のことを一番に考えた行動を取ることがプロの仕事だと言えるでしょう。
これから、自動車整備士の仕事に転職を検討している人は、まず、「何のために車を直すのか」を考える必要があります。
一人一人、仕事に対するプライドは異なりますが、お客様の安心と安全を守ることを忘れてはなりません。

 

この記事を共有する

Pocket